MEGURO SALESIO KINDERGARTEN

教育理念

カトリックのミッションスクールである登園は、創立者聖ヨハネ・ボスコの「予防教育法」を実践し、あかるいこころ、おもいやりのあるこころ、素直で正直なこころが育つよう、日々、保育をしています。また、広々とした園庭や緑多い恵まれた環境、暖かい家庭的な雰囲気の中で、のびのびと過ごし、友達との関わり方を身に付けています。

サレジオ修道会創立者、聖ヨハネ・ボスコの教育法について(予防教育法)

創立者 聖ヨハネ・ボスコ(通称ドンボスコ)
聖ヨハネ・ボスコの教育法は、予防的教育法と言われています。
「予防にまさる治療はない」と医学の分野では言われていますが、 教育に
おいても、それとまったく同じことが言えます。

子どもたちの悪癖やわがままが身につく前に、積極的に意志力を育て、
両親を育成し、年齢が進むにつれて、自主的に正しい行動が選択できるように 教育するところに、予防的教育法のねらいがあります。
教育目標
  • 「きよいこころ、げんきなこども」
    この目標を持って、子ども達に教育していく中で根底にあるものは、3つの輪です。
    子どもを教育するにはしっかり組み合わせた輪のような3つの場所が必要です。

園長の言葉

園長
  パウロ・グロゴウスキー

目黒サレジオ幼稚園は、カトリック・サレジオ修道会の経営するミッションスクールで、100年以上にわたる教育の経験を有し、目黒区碑文谷の地にて、70年近くの歴史を刻んできました。1万人を超える卒園生がおり、多くの方に親しまれてきたことに
感謝しています。

創立者聖ヨハネ・ボスコの教えを礎にしながら、子ども達は自然の多い、広い園庭で
走り回ったり、保育室で友達との関わりを深め、集団生活の楽しさを十分に味わって
います。

そして、聖ヨハネ・ボスコの言葉にあるように「子供を愛するだけでは足りません。
愛されていると感じられるようにしなさい」を日々心がけ、明るく暖かい雰囲気づくりを
目指しています。

子ども達には、一人ひとり、それぞれ良いものを神様が備えてくださっています。
そのよい芽に、いつかきれいな花が咲くように、保育者は今日も子ども達を愛し、
共にいて支えています。

     
PAGETOP